葬儀後から忌明けまでに準備するもの

亡くなってから葬儀、告別式が完了すると気が抜けてしまう事が多く、49日や納骨式まで何もする事がないように感じますが、実際はやる事が盛りだくさんです。その現実を知ってしまうとなんだか焦って何から手を付けていいのか困ってしまう人も多いでしょう。葬儀後忌明けまでにやる事がたくさんあるという事をまず頭に入れておくと、次の行動に移りやすくなるので、やらなければいけない事をまず確認して、どのように進めていくかをチェックしておきましょう。

葬儀の後、忌明けまでに行うのは書類手続きだけでなく、49日の納骨式に向けての準備も必要になります。49日には納骨を行うため、そのためのお墓や戒名などをもらっている場合は、本位牌や仏壇を用意しなければいけません。特に、書類手続きでも3か月以内に行う必要があるものもあるため、それらの急ぎの書類手続きと並行してお墓の手配や仏壇、位牌の手配を行いましょう。お墓に関しては、もともとお墓を持っているという場合は特に急いで何かを行う事はありませんが、持っていない場合はどこにお墓を購入するかを決めていかないといけません。そうなると、意外と選択肢が多く、お墓選びから難航するという事態も考えられます。

準備をしておかないと、納骨式事態が延期になってしまう事もあるため、お墓を持っていない場合は早めに資料を取り寄せるなど、葬儀と合わせて話を進めていく必要があります。また、葬儀を取り扱っている会社がお墓を紹介してくれる事もあるので、まずは相談してみるのもおすすめです。